2

脱毛ホルモンについて

脱毛ホルモンというのを聞いたことがありますか?薄毛が気になる私にとっては何ともいやな響きのホルモンです。実はこれは、男性ホルモンのデヒドロテストステロン(DTH)のことなんです。これが脱毛ホルモンと呼ばれるのは、このホルモンが抜け毛や薄毛の原因になるからなんですね。

このデヒドロテストステロンは、どのようにして作られるかというと、毛根にある5α-リダクターゼという酵素と男性ホルモンのテストステロンが結びついて形成されるものなんですね。デヒドロテストステロンは、コマーシャルでもよく言っている、AGAつまり男性型脱毛症を引き起こします。

そこで、この脱毛ホルモンであるデヒドロテストステロンを生成させないために、5α-リダクターゼを抑制するという方法をとります。そのために効果があるとされているのがプロペシア(フェナステリド)です。この薬を数カ月服用すると、抜け毛の改善がみられるようです。ただし、ほとんどの場合は、現状維持か進行を止めるという程度なのでAGAがかなり進んだ状態ではあまり効果は期待できないかもしれません。なので、髪が薄くなり出したなっと感じたらすぐに脱毛専門のクリニックに相談することをお勧めします。